2007年11月21日

サプライズ入会式

11月7日(水)結成第145回11月第一例会が
ホテルセントノーム京都にて開催された。

この日は、当クラブに新たなメンバーが加わった!

L 角野 宏佳 (かどの ひろよし)
かどのクルニック院長として医療に取り組まれている。

恒例となった新入会員の好きな曲に合わせての入場!!
今日の曲は『スピッツ』の『ロビンソン』

スポンサーL 谷口 直大に続き場内を一周し
いよいよ入会式が始まった。


.JPG


この演出は、今期入会したL 鳥丸からスタートした。


「自分の好きな曲が流れる中を入場すればきっと
大切な想い出になるだろう!」
と内藤第二副会長の新入会員への思いやりから
生まれたものである。


推薦の誓、招請状、入会の誓を読み上げ
6代目会長L 米澤より「Lのバッジ」を胸に付け
緊張の中、決意新たにまた一人のライオンが誕生した!


2.JPG


今日の入会式はこれでは終わらなかった。。。
スポンサーであるL 谷口 直大へピンバッジのプレゼント!
本当に本人はびっくり!!サプライズ大成功である。


Ol.JPG



もうひとつ企画があった。
当クラブメンバーとしては初となるL 山中によるセミナー
「リミックスデザイン」について

プロフィール、実績紹介をCGを駆使しながらのプレゼン。
そして現在進行中のプロジェクト、今後の行方など
都市・建築・家具の関係性を追及しデザインする。


R[W.JPG


まだ、20代ながら本当に幅広く活躍されている。
当クラブメンバーにとって刺激になったばかりでなく
今後メンバー同士がお互いどのうような仕事をしているのか?
世間とどう向き合っているのかなどを知るきっかけを与えてくれた。


当クラブが本当に魅力あるクラブへと進化していると
実感できる一日となった。


<PR・情報・IT委員会>




posted by 京都NCLC at 17:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 例会
この記事へのコメント
入会式というものは、いつも気が引き締まる思いがします。
私自身は、入会式を受けておりませんが、
ライオンズクラブ国際協会335-C地区年次大会の場(京都国際会議場)で、
数多くの先輩ライオンに見守られ、認証式を執り行われました。
すごい思い出です。

入会式というものは、内容やスケールが違うにしても、
その方にとって、良い思い出となる式典にしたいという思いで、様々な工夫を致しました。
ご本人にはどのように映ったでしょうね。

クラブに一日も速く溶け込み、
ご活躍されることを期待いたします。


今回の例会では、メンバーのご職業についての講師例会となりました。
Macのソフトを自在に操り、分かりやすく、
説明を受けた方が、その場にいるかのように感じさせて頂きました。


デザイナーのご職業というものは、いかに発想力が大事であるかと感じました。??当たり前。。。

でも、その「当たり前」を当たり前のようにするのが、
意外と難しいものなんだと私は思います。

皆さんは今回の入会式・例会内容について、
どのようなことを気づかされたでしょうね!?

Posted by 会長 米澤泰一 at 2007年11月27日 20:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7021041

この記事へのトラックバック
Copyright (c) 2006 Kyoto New Century Lions Club. All rights reserved.