2007年10月29日

献血委員会レポート

献血委員会レポートです。

今期献血協力者に対しまして、粗品を進呈して参りました。
7〜9月は6代目会長L 米澤により花の種を提供して頂き進呈!!
そして10月からスタートしました清水焼マグネット☆
当クラブメンバーL 長田による作品です。


IMG_07671.JPG


10月13日(土)献血ルーム京都駅前センターにて取材をして参りました。
朝から続々と献血協力者が訪れました。
採血者の皆さんに献血カードと一緒に清水焼マグネットを進呈!


IMG_07661.JPG


早速、採血者にインタビューしました。

「京都ならではの試みで非常に印象が良いです。
 これからも献血に協力します。」(20代男性)


「とってもかわいくてマグネットとの組み合わせが新鮮です。
 これからも頑張って下さい。」(20代女性)

とのコメントを頂き大成功だと改めて実感しました。


また、10月20日(土)は四条献血ルームにて恒例の当クラブメンバー
自らが献血を実施あるいは紹介する献血デーです。

今回より、新たに腕章を付けました。
当クラブメンバーの証と責任を持ち意識向上を図りました。


IMG_07911.JPG


今期目標であった200リットル!!
すでにクリアしました。メンバーのアイデアと行動力の結晶です!!
今後も献血活動にご協力の程宜しくお願い申し上げます。


<献血委員会 PR・情報・IT委員会>

posted by 京都NCLC at 17:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 献血
この記事へのコメント
献血委員長 山田昌樹様
献血委員会の皆様
京都NCLCの献血活動にご協力頂いている皆様
平素より委員会活動にご理解ご協力頂き有難うございます。

また、事業委員会を取り纏め頂いております
第二副会長 内藤英司様 平素より当委員会の道標となり、
委員会をご指導頂き有難うございます。

そして、当クラブからの粗品提供でご協力頂いております
長田大様 有難うございます。

今回、長田大様のお仕事で京都の伝統産業である、
清水焼というひとつのブランドの壁を取り掃い、
可愛いらしいアイデアにより、
他所にない画期的な粗品を献血ルームに提供することができました。
献血のご協力者から大変ご好評を頂き、
献血ルームが賑わってきているとのことです。

奉仕活動をしてご協力頂いている方からも喜ばれるというのは、
大変遣り甲斐のある奉仕活動であることと思います。

次に、当クラブメンバー自ら献血ルームに出向き、
微力ながらも献血にご協力させて頂いております。
その中で、メンバーが献血ルームでご協力頂いている方々に、
我々の存在を認識頂く為に作成した腕章。
実はこの腕章も他の委員会で使用しているものを有効活用しようということから、
様々なアイデアが飛び交い、献血用の腕章デザインが出来上がりました。
このデザインは前会長 杉山大門様のご好意により作成頂きました。
当クラブ3事業のロゴマークをはじめとし、
京都NCLCらしさが全面的に出ているオリジナルデザインです。
有難うございます。

これからもどんな形で奉仕活動ができるのか、
メンバーが色々とアイデアを出し合いご協力を頂ければ、
京都NCLCの未来は明るいものと思います。
まだまだ無限の力を秘めていると思います。

是非皆さんと共に善い奉仕活動をしてまいりたいと思いますので、
今後ともご協力頂けます様宜しくお願い申し上げます。

Posted by 会長 米澤泰一 at 2007年10月29日 20:13
米澤会長、並びにPR・情報・IT委員会の皆様、献血委員会の皆様、日ごろはライオンズクラブにおきまして多大なるご協力、ご理解賜りまして誠にありがたく思っております。

献血者粗品のマグネット、第二副会長L 内藤にご提案いただき、
デザインまで考えていただき、
私はそれに従い制作させていただいただけなのですが、
お褒めのお言葉をいただくとやはり嬉しいものです。
少しでも多くの方々に、我々の感謝の気持ちが伝わり配布されることを祈念いたします。

現在も出来たてホヤホヤをお渡ししたく制作中です。
Posted by 長田大 at 2007年11月01日 15:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6295925

この記事へのトラックバック
Copyright (c) 2006 Kyoto New Century Lions Club. All rights reserved.