2007年09月30日

乾電池回収男

タイトルにも挙げた「乾電池回収男」こと、現6代目幹事L 長谷川は、
現在、京エコロジーセンターに勤務している。
常日頃、環境問題に関しては、特別な想い入れがあるのもうなずける。

彼は、世界で起きている環境問題について、
「一人の力ででも出来る事があるのではないか?」と考え、
ここ数年自宅の前に手作りのBOXを設置し、使用済み乾電池の回収
を行っている。

その地道な活動が認められ、数ヶ月前、”乾電池回収男”として
京都新聞にも大きく取り上げられ、一躍有名人となった。

彼は考えた…

一人で地道に活動してきた事を、少しでも多くの人に広めること
が出来ないか、そして、協力してもらえないかと。。。

彼はまず、使用済み乾電池がどこで回収され、どのようにリサイクル 
されているのかを説明し、その回収の必要性を6代目会長L 米澤に
強く訴えた。

迷う事なく、「よし、やろう!」と6代目会長L 米澤は決意し、
当クラブでは休眠状態であった環境委員会を見事復活させた。

その命を受けたのは、自らも特定非営利活動法人テラ・ルネッサンス
理事長を努める環境委員会委員長L 鬼丸である。
彼は、早速、乾電池回収事業に関しリサーチし具体的に策を練り上げた。

先ずは使用済み乾電池回収BOXの設置場所探しから始まった。

快くお引き受けくださったSoftbank八条西口店(5代目会長L 杉山紹介)を皮切りに、
当クラブ事務局前、6代目幹事L 長谷川宅前の3箇所からのスタートとなった。


softbank.jpg
<Softbank八条西口>


housengama.jpg
<京都NCLC事務局前>


hasegawa.jpg
<L 長谷川宅前にて左より6代目幹事L 長谷川と環境委員長L 鬼丸>


また、乾電池回収BOXの製作は、5代目会長L 杉山のご尊父が杉の木
を使い、手作りで心を込めて仕上げてくれた。


sugiyama.jpg
<電池回収BOX制作者 5代目会長L 杉山ご尊父>


設置して一週間。
箱の中をそっと覗き込むとそこには少しづつ乾電池の山が出来始めている。


使用済み乾電池回収事業が、当クラブだけではなく…
日本中に…全世界中…へと広まっていくことをメンバー全員で
強く心に願った…

<PR・情報・IT委員会>
posted by 京都NCLC at 02:23| Comment(5) | TrackBack(0) | 乾電池回収事業
この記事へのコメント
今期から取り組む使用済み乾電池回収事業について

意外と乾電池のことは知らないものだな〜。
この話はそこからはじまりました。

クラブメンバーに環境関係で仕事をしているメンバーがいるとは知っていました。
その後、そのメンバーが自宅前に使用済み乾電池回収BOXを設置しているのを知りました。

話を聞いてみると、乾電池は以外と一般ごみに捨てられている。
分別ゴミ回収しているなか、乾電池はどのように処分したらいいの?
乾電池の外装は「鉄」だよね!中身は「鉛」を含んでるよね!
なぜ?なぜ?

そんな疑問・矛盾を解消するため、
「よし!身近なところから」とボランティアをはじめられた。
それが現職の幹事L長谷川裕晃である。

話を聞いている内に、武士道に通じるものを持ち備えている男であると気付いた。
自腹で周辺にビラを配り、そして地域に浸透した頃には、
一月でゴミ箱が溢れるぐらいにまでなるとのこと。

杖をついて背中を丸くしたおばあちゃんが、
集めた乾電池を入れた袋をぶら下げ、回収BOXに乾電池を入れられた。
たまたま居合わせたL長谷川はおばあちゃんに話を聞いた。
すると、乾電池をそのまま捨てるのは簡単だけど、
環境破壊された環境をもとに戻すのは大変だからね!
こんな私でも地域に貢献できるなら。。。

その話を聞き、電池の処分で困っている人は沢山いるはずです!
幹事L長谷川が強く語る話の内容に心打たれ、
地域に貢献できることならば、メンバー皆さんとでやろうよ!
身近なところ。地域に貢献出来ることから。という趣旨で、
環境委員会を再度立上げ、当クラブの事業として取り組むことにした。

この話を聞いていろんな方から
それでは私は回収BOXを作るのを手伝う!
それなら電池回収BOXを店の前に置いていいよ!
という具合で、
皆様に大変ご理解・ご協力が得られ、
京都NCLCの使用済み乾電池の回収事業がスタートした。


最後にこの場をお借りして、
乾電池回収BOXを作成戴いた、前会長L杉山大門ご尊父様には、
まともに工具を握れない、体調が悪い中、
回収し易い様にと、京都市指定ゴミ袋のジャストサイズで、
風通しが良い様にと、配慮工夫して回収BOXを作成して戴きました。
御礼方々ご挨拶に伺った折にその話を聞き、
目頭が熱くなりました。
心から厚く御礼申し上げます。お体ご自愛下さい。

また、携帯電話SoftBank八条西口店様。
豊仙窯工房(京都NCLC事務局)前に
使用済み乾電池回収BOXの設置にご協力戴いた皆様、
心から御礼申し上げます。

そして、この事業はスタートして間もないです。
第二副会長L内藤英司の統括のもと、委員長L鬼丸昌也、委員L福山千博を中心に
京都NCLCメンバー全員一丸となって頑張って参りたいと思います。
宜しくお願い致します。









Posted by 会長 米澤泰一 at 2007年10月01日 12:03
以前より長谷川幹事は、京エコロジーセンターに勤務する傍ら
環境問題に取り組んでいました。

自分でできることから始めようと自宅前に
使用済み乾電池回収BOXを設置しました。

その姿勢、行動に感銘し、「そんな良い事をしているのなら」と着目したのが
環境委員会を含む事業委員会管轄、第二副会長L 内藤英司であります。

米澤会長、長谷川幹事の意向のもと見事環境委員会復活を実現し尽力されました。

個人的な活動から始まった使用済み乾電池回収事業!

他に類を見ないこの事業を当クラブとして推進して行きましょう!

私も第一副会長としてこの事業をサポートしていきたいと思います。

Posted by 第一副会長 藤井俊二 at 2007年10月01日 13:17

数年ぶりに復活した我が京都ニューセンチュリーライオンズクラブ環境委員会。

京都ニューセンチュリーライオンズクラブの独自アクトとなった使用済み乾電池回収事業。

きっかけを作ったのが6代目幹事L 長谷川。
またその計画に迷わず取り組まれた6代目会長L 米澤。
そして、回収BOXを5代目会長L 杉山のご尊父に制作していただき、softbank八条西口店様にも設置協力いただくことが出来ました。

全て、熱い想いで取り組まれた6代目会長
L 米澤、幹事L 長谷川、環境委員長L 鬼丸、
そしてメンバー全ての想いがあったからこそご協力いただけ実現したのだと思います。

6代目会長L 米澤
   幹事L 長谷川

本当によかったですね。

事務局前の回収BOXも少しではありますが電池の山が出来ております。

Posted by 長田大 at 2007年10月01日 13:44
この度は、父まで登場させていただきありがとうございます。
教師という職を退職してから、日曜大工の延長でこのようなBOXを
製作させていただきました。

「恥ずかしい・・・」と申しておりますが、皆さんのアクトに少しでもご協力出来ればと申しております。

お忙しい中、6代目会長L 米澤、第二副会長L 内藤、環境委員長L 鬼丸には、父の作業場までご足労いただき、
ご丁寧な挨拶までしていただき、恐縮しております。

今年から始まった新しい事業、精一杯頑張りたいと思います。

Posted by 杉山大門 at 2007年10月01日 16:03
乾電池回収男ことL長谷川です。
この度は、いろいろとご紹介いただきまして
有難うございます。

私は、環境問題や資源の有効活用の大切さを多くの方々にも知って頂きたく、
その一環として廃棄乾電池回収を始めました。
初めてBOXを設置した時は、
町内と隣りの町内のみに告知してスタートし、
設置したときは
毎晩BOXを覗いていたのを思い出します。

設置して3ヶ月頃まではあまり乾電池が集まらなかったのですが
スタートして4ヶ月を過ぎた頃から
今月までBOX満杯に乾電池が集まっています。
(重さにして25kgほど)
実施し確信した事は
これほど多くの市民の皆様が
乾電池を一般ゴミとして廃棄する事に疑問・罪悪感を持っていたのだということです。

しかし、私一人で行っても出来ることはしれていますが、
この度はNCLCの事業として行っていただける事になり、クラブメンバーにも、
また、より多くの市民の方々にも
環境に対する想い・資源の大切さが伝わっていくことに期待しております。

この事業がスタート出来ましたのも
乾電池回収BOXを設置して頂きました
Softbank八条西口店様
ASL長田様

また、素晴らしいBOXを製作いただきました前会長L杉山の尊父様のお力添えがあったからだと思います。
有難うございます。

最後に、
廃棄乾電池回収に対して
御理解・御尽力を賜りました
会長L米澤
第二副会長L内藤
環境委員長L鬼丸
にはこの場を借りまして
御礼申し上げます。

長谷川

Posted by 長谷川 at 2007年10月01日 17:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5645529

この記事へのトラックバック
Copyright (c) 2006 Kyoto New Century Lions Club. All rights reserved.