2007年09月22日

FUN TO FOOTBALL

先日の9月第一例会にて、青少年指導・ライオンズクエスト委員会
が担当する独自アクト「フラッグフットボール大会」について
プレゼンテーションして頂きました。

prezen.jpg

今回は、前大会までの経緯を紹介させて頂きます。

2年連続で委員長を務めるL 田中は、法政二高(トマホークス)で
全国2位の成績を残し、その後、立命館大学(パンサーズ)で副将を
務め、社会人リーグ(Xリーグ)でもプレーをしてきた元アメリカ
ンフットボール選手(オフェンスライン)です。
当クラブの中で、スポーツといえば一番熱くなる男でしょう。

「フラッグフットボール」は、5代目会長L 杉山が青少年の健全
な育成に有効である事を見い出し、L 田中を委員長に指名したの
も当然の事だろう。

ただ、実現には2つの大きな壁がありました。
一つ目の壁は、このスポーツがほとんど認知度がない事。
二つ目の壁は、学校に用具がなく、簡単に手に入らない事。

そこで、この大きな2つの壁を潰すために、5代目会長L 杉山は
考えました。

学校の先生方にフラッグフットボールの良さを体験、また教育的
価値についてご理解いただくために講習会を開催し、用具を提供
してはどうか?と…

そこで、青少年指導・ライオンズクエスト委員会は5代目会長
L 杉山の考えを実行すべく活動を開始しました。

まず、5代目会長L 杉山はフラッグフットボールを日本へ持ち
込んだNFL JAPANの門戸を叩くため一路東京へ向かった。
NFL JAPANでフラッグフットボール普及を担当する荒井氏と
度重なる交渉の末、我々の熱い想いについに彼も…心を打たれ、
大量の用具(1,200名分のフラッグ、ボール200球)をご提供いただ
いた。

NFL JAPAN荒井氏のこの協力がなければ、このプロジェクトは実現
しなかっただろう…

nfllogo.jpg

そして、数名の現役フットボーラーに協力いただき、小中学校の
先生方を対象に、2度にわたる「指導者講習会・体験会」を実施す
ることができました。講習会には合計40校近くの先生方にご参加
いただき、アンケートでも予想以上の反響がありました。

koushuukai.jpg

この普及活動が実を結び、2007年3月18日に「第1回小学生フラッ
グフットボール大会<KYOTO NCLC FLAG2007>」を実現する運びと
なりました。

大会には小学校5校、合計80名の子供たちが参加し、元気に走り回
る姿をみることができました。
フラッグフットボール大会開催の本当の目的である「教育的価
値」が随所に垣間見えました。

先生と子供が、ご両親と子供が、そして子供達同士が積極的にコ
ミュニケーションする姿、年下の選手、女の子を積極的に活かす
姿が自然と行われていました。

そして何よりも良かった点は、子供達の喜ぶ姿や悔しがる姿、笑
顔を見ることができた事に我々NCLCメンバーも感動いたしまし
た。

今期も6代目会長L 米澤は、5代目会長L 杉山の想いを引継ぎ、
継続アクトとして取り組んでいく事を心に強く誓った…
子供達の笑顔を再び見たい、そのために…

nclcflag2007.jpg

現在、来年3月に実施を予定している「第2回フラッグフットボー
ル大会<KYOTO NCLC FLAG2008>」には、すでに新たに4校が参戦
を表明しており、激戦が予想される。

まだ出発したばかりのプロジェクト…
終着駅のエンドゾーンまではまだまだ遠い…


<PR・情報・IT委員会>
posted by 京都NCLC at 01:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 京都NCLC FLAG
この記事へのコメント
PR・情報・IT委員会の皆様、ブログアップありがとうございます。

青少年指導・ライオンズクエスト委員会委員長 L田中元浩 
2期連続の就任ありがとうございます。
また、9月第一例会でのプレゼンは板についたものがあり、大変すばらしかったです。

前会長L杉山大門の熱い想いで、
フラッグフットボール大会を企画され、
子供達に夢と感動を与えられました。

今年度も子供達の純粋で、真剣に取り組む姿勢。
そして、子供達の澄んだ瞳が、ダイヤのようにキラキラと輝き、
大人顔負けの熱き試合をもう一度観てみたい。

子供達に夢と感動をもう一度!

クラブメンバーも一丸となってサポートしますので、
宜しくお願いします。

Posted by 会長 米澤泰一 at 2007年09月22日 14:40
このフラッグフットボールは、本当に素晴らしいスポーツです。

クラブメンバーのお陰でスタートできた独自アクト。

昨年に引き続き、L田中委員長にご無理をおかけしますが、子供たちのあの笑顔の為に私たちが出来ることを精一杯行いたいと思いますので、よろしくお願いします。

また、PR・情報・IT委員の方々、登場人物に挙げていただき緊張しますが、ありがとうございました。
Posted by 前会長 杉山大門 at 2007年09月22日 16:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5538408

この記事へのトラックバック
Copyright (c) 2006 Kyoto New Century Lions Club. All rights reserved.