2007年09月15日

大盛況

先日、結成第141回例会がホテルセントノーム京都で盛大に
開催されました。


ご来賓には
京都血液センター京都駅前ルーム所長 大橋一雄様

ライオンズクラブ国際協会335-C地区
2R RZP(リジョン・チェア・パーソン)L 山口明文

ビジターとしまして角野宏佳様をお迎えいたしました。


P1010131.jpg


当クラブの6代目会長L 米澤はチャンスを逃す男では無い…
知名度低い当クラブの最高なPRになるのではと、考え…

出席計画委員長L 谷口(浩)に相談し、ご来賓方々に
我々京都ニューセンチュリーライオンズクラブの3つの事業活動である
「献血事業、環境事業、青少年指導・ライオンズクエスト事業」を
各委員長が分りやすくプレゼンテーションを行うことにしました。


kenketsu.gif

献血委員長L山田のプレゼンテーションには、来賓としてお越し
いただいた献血センター京都駅前ルーム所長 大橋一雄様からも
「私どもが使用したくなるぐらいきっちり調べられた資料」と
お褒めの言葉をいただきました。

P1010147.jpg
(左から青少年指導・ライオンズクエスト委員長L 田中、
環境委員長L 鬼丸、献血委員長L 山田)


6代目会長L 米澤の手腕が的中……
ご来賓の方々に…素晴らしいと言って頂き大盛況にうちに幕が降りました。


そこで…今回は献血事業についてクローズアップしたいと思います。



我々京都ニューセンチュリーライオンズクラブでは
2002年度より、献血ルーム四条にて、毎月1回「献血デー」を設定し、
メンバー自らが献血を実施しています。
また、友人家族等に直接声をかけて、献血ルームに動員してきました。


これまでの実績は、

2002〜2003年度   1,200ml
2003〜2004年度  13,200ml
2004〜2005年度  49,600ml
2005〜2006年度  28,400ml
2006〜2007年度  83,600ml

となっておりまして、毎年少しずつ増えてきているのですが、
メンバーの血液だけでは限界があると考えます。

そこで6代目会長L 米澤はあえて…限界に挑む事を決意されました。

【 目標献血量  200,000ml 】

クラブメンバーがどよめく中…献血委員長である入会1年に満たない
ルーキーL 山田の目だけは熱く燃えていた……

まず彼がとった行動はライオンズクラブにおける献血事業の意義を理解し、
過去の献血実績を分析することから始まった…

そこで6代目会長L 米澤に相談し、京都駅前献血ルームと交渉に掛け合った。
度重なる話し合いの末、一点の光を見出した…
またしても的中…一般献血者への粗品提供で京都駅前献血ルームと合意した。

ルーキーL 山田と6代目会長L 米澤が心を一つにしたからこそ成功した瞬間である。


また粗品は6代目会長L 米澤より花の種を提供いただきました。
「花の種は地球温暖化防止に少しでも緑が増えるようにと願いが込められています」


ei.jpg



熱い想いに心を打たれた地区役員YE副委員長L長田も自分に何か出来ないか?…
と考えられた末、窯元として京焼・清水焼のマグネットを提供されることになりました。


}Olbg.jpg



その結果、今年度の実績は、
 7月  メンバー及び紹介者   7,000ml
    京都駅前        41,400ml

 8月 メンバー及び紹介者  9,200ml
    京都駅前       108,200ml

 9月 メンバー及び紹介者  5,200ml
    京都駅前        77,000ml

3ヶ月累計で現在 248,000ml となっております。

わずか3ヶ月で目標数値を大幅に上回る結果を出すことが出来ました。


6代目会長L 米澤は言いました。
「心熱いメンバーが助け合い、協力し合う事により不可能も可能となる」


次回は環境事業についてお話したいと思います。

<PR・情報・IT委員長 平岡克敏>

posted by 京都NCLC at 01:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 例会
この記事へのコメント
9月の例会を振り返り。

みなさん。お疲れ様でした。
リジョンチェアパーソンL山口、
並びに、献血センター京都駅前所長大橋様をお迎えしての例会でしたが、
例会準備に熱心に携って戴いた方々の甲斐があり、
無事大成功に終えることが出来ました。
心からお礼申し上げます。

例会翌日、L山口にお会いする機会がございました。
その席でも、例会について大変お褒めになられておりました。
同じ華頂LCメンバーの方に勉強になるので、
京都NCLCの例会に出席してはどうかと仰せでした。

さて、今回は献血委員会の記事をUPして戴きました。
私も献血実績目標を昨年度の倍を掲げましたが、
委員長L山田の「臆することの無い熱意」と、
それを「後押し?前から牽引?役」の第二副会長L内藤のお陰で、
今期に入ってまだ3ヶ月しか経過してませんが、
目標の200Lを達成されました。

見事なものだと思います。大変心強く思います。ありがとうございます。
この結果は、クラブの自信と実績につながります。

今期、どのぐらい献血実績を伸ばすことが出来るのか非常に楽しみです。
今後もメンバーみなさんのご協力を戴けます様宜しくお願い申し上げます。
また、あわせて新期献血提供者の斡旋も宜しくお願い申し上げます。

次回のUPも楽しみにしております。

以上

2007〜2008 京都NCLC 会長 米澤泰一






Posted by 会長 米澤泰一 at 2007年09月15日 14:55
改めて振り返りましても素晴らしい、心に残る最高の例会でした。
RZP L山口からもお褒めのお言葉を頂けたとか。
全て現会長 L米澤、献血委員長 ルーキーL山田の
熱い思いがありきのことだと思います。

本当に、年々と素晴らしく、誇り高きクラブに成長していってると実感しています。

第6代目会長 L米澤、さらなる躍進を期待しています。
頑張って下さい。

PR・情報・IT委員会の皆様、次回環境事業のお話も楽しみにしています。


Posted by AS長田 at 2007年09月15日 15:29
京都ニューセンチュリーライオンズクラブ
会員各位

皆様、9月の例会はお疲れ様でした。
L内藤第二副会長をはじめ環境委員長L鬼丸、献血委員長L山田、青少年・ライオンズクエスト委員長L田中におかれましても、素晴らしい事業のプレゼンテーションを行っていただきありがとうございました。

また、各会員の皆様にも、当日の準備・手配など
いろいろと助けていただきましてありがとうございました。
感謝申し上げます。

今後も多くの活動があり、ご無理言う事もあるかと思いますが、
会長L米澤を盛り立てていただき、
NCLCが更なる飛躍を出来るよう
皆様のご協力を
宜しくお願い申し上げます。

また、L長田には、日ごろお忙しい中、献血者へのかわいい粗品まで作成していただき
ありがとうございます。
早く配布したいですね!

長谷川

Posted by 幹事 長谷川裕晃 at 2007年09月15日 16:05
先日の例会は、来賓がおられる中、大変素晴らしい各事業委員長のプレゼンでした。

私も改めて各事業を推し進める事の意義を知るきっかけにもなりました。
我がクラブが誇らしく思えました。


今年度、私は地区情報・PR・IT副委員長として出向しております立場からもこの度のようなブログの発信に厚く御礼申し上げます。

今年度の須藤ガバナーの下、各クラブのITを利用した情報発信に全力を挙げて取り組んでおります。

ライオンズクラブメンバーのみならず、一般の市民の方々に広くこの活動を知っていただくきっかけになれば、素晴らしいと思います。

我がクラブが、地区をリードするクラブであるよう、私も精一杯頑張ります。

Posted by 335-C地区情報・PR・IT副委員長 杉山大門 at 2007年09月15日 20:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5441561

この記事へのトラックバック
Copyright (c) 2006 Kyoto New Century Lions Club. All rights reserved.