2010年06月29日

NCLCのカリスマ・有言実行の男【会員インタビューNo22 L内藤】

▼会員名 L内藤 英司
▼生年月日1973年5月17日
▼職業 専務取締役(内藤運輸株式会社)

今期クラブ会長であるL内藤の発案で、
不在会員を含め、すべてのメンバーを紹介し、
少しでも仕事にも役立ててもらいたいとの
意向で始まった当クラブブログでの会員紹介ですが、
いよいよ最終回を迎えました。

最後の一人は、いよいよ今期会長であるL内藤英司です。
L内藤は、まもなく初例会があり、初例会の記事のアップも
近いので自分の記事はいらない、と言われたのですが、
どうしてもご紹介させていただきたいので、
今期幹事務めます田中、会計を務めます杉山が協力し、
L内藤についてご紹介させていただきたいと思います。

現会長を務めるL内藤は、チャーターメンバーであります。
中学時代からの親友でもあるL杉山(5代目会長)と
共に28歳で入会されました。

新しい我がクラブが抱える問題点を直視し、
クラブ会計を務めた後、第二副会長、第一副会長と
それぞれの役割や責任を明確化し、
誰もが役職をこなせるライオンズクラブへと
メンバー負担の軽減と簡素化などを推し進め、
抜群のリーダーシップを持って取り組んでこられました。

そこには、ライオンズクラブに所属する限りは、
だれもが会長職を目指してもらいたいとの想いがあります。

また、地区役員としても、
地区年次大会副委員長(2008年)、
地区レオ・青少年指導副委員長(2009年)(2010年)と歴任され、
クラブ内での重職をこなしながらも地区役員として、
活躍されました。
これは、クラブメンバーにとって、誇りに思うと同時に
京都ニューセンチュリーライオンズクラブの存在を
地区内に大いにPRしていただきました。

今期は会長として、
4名の新入会員入会で純増4名(退会者なし)を成し遂げ、
クラブ始まって以来の会員数純増となりました。

また、
青少年健全育成事業であるメインアクトの改革については、
今でこそ言えることですが、実は私たち執行部も知らない間に
内藤会長の頭でイメージされ、開催日の一ヶ月前に
新たなメインアクトとして中学生野球大会へ
移行する旨が発表され、気がつけばクラブメンバー全員が
納得のいく内容となっていました。

会長スローガンである「望まれる奉仕」の字のごとく、
本当に要望のあった団体への奉仕が実現し、
大会規模も例年の100余名から、800名以上のものとなり、
クラブメンバーへの負担も軽減された形となりました。

R0016441.jpg
<L内藤英司>

L内藤は、ひとつの作業に対して決して妥協せず、
目標を達成するまで絶対にあきらめません。
目標を達成するために、
様々なプランを描き、試し、実行し確認する。
これは簡単なようで、なかなか私たちに真似ができません。
またクラブメンバー一人ひとりに目を配り、
今期は会長として、会員全員に誕生日プレゼントを
ドネーションされ、全員が楽しめるクラブ作りに
最も貢献された会長でもあります。

奉仕活動というメンバーが横一線の状態で、
会員が活動を真剣にやってくれるかは、
その時の会長の「人間力」である、とL内藤は言います。
また、ライオンズクラブのメンバーに上も下もなく、
会長だから偉いのではなく、今現在一生懸命活動をしている
メンバーが誰より賞賛されるべきであると
いつもおっしゃっておられます。
L内藤は、会員一人ひとりとの関係を築き、
この「人間力」で今期をすばらしい結果に導いたのだと思います。

以前、なぜライオンズの活動を、
これだけ真剣に取り組まれているのですか?
と伺ったことがありました。
L内藤は、偶然回ってきただけで、ただただ責任感だけで
やっている、奉仕活動が好きとか嫌いではなく、
どうせ役職をやるのであれば、とことんやる、
中途半端が嫌いなだけですよ…
とあっさり答えてくれたのでした。

L内藤は、これがライオンズクラブであろうが、
仕事であろうが、遊びであろうが、
その精神は変わらないでしょう。

R0016473.jpg
<L内藤英司>

そんなL内藤の座右の銘は、
「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、
ほめてやらねば、人は動かじ」だそうです。
山本五十六の名言であるこの言葉は、
大日本帝国海軍の軍人であり、
26、27代連合艦隊司令長官である立場で、
皆が命令で動いてくれるような立場にいても、
人間というものはなかなか動いてくれるものではない。
自分が模範となって行動し、理解できるように伝えて、
実際に実行させて確認させ、うまく言ったときには
褒め称えることで、人は少しずつ成長し、
そしてやりがいを感じ心が動くということだそうです。
L内藤と共にいると、
何事においても常にそれを実行されていることに気付きます。

さて、お仕事の面では、
一般貨物、精密機械輸送、精密機械・重量物搬出入などを
得意とされ、京都でも有数の運送会社を経営されておられます。
新規事業にも積極的に展開されており、
最近では、サーバー運搬や検品業務などにも取り組まれ、
運送業界も景気の煽りを受ける中、堅実に実績を
伸ばされておられます。
クラブメンバーもいつも色々相談にのってもらっています。


物流関係のご相談・お問い合わせは、
内藤運輸鰍ワで、お気軽にご相談ください。

clip_image001.gif

内藤運輸株式会社
京都府八幡市岩田北ノ口38番地
TEL:075-983-1777(代表)
FAX:075-981-5866
URL http://www.naito-unyu.co.jp/
posted by 京都NCLC at 02:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 会員
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39319409
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Copyright (c) 2006 Kyoto New Century Lions Club. All rights reserved.