2010年05月28日

西陣文化を今に伝える【会員インタビューNo19 L福山姉妹】

▼会員名 L福山千博・L福山敦子
▼生年月日1970年3月22日・1973年2月9日
▼血液型  B型・ B型.
▼職業 西陣 壮皇 ふく山

京都ニューセンチュリーライオンズクラブ設立当初から姉妹で
クラブを支えてくれているメンバーがいます。
L福山千博・L福山敦子姉妹です。
入会のきっかけは、知人からの勧めだったL福山姉妹ですが
入会当初は、奉仕活動自体初めての経験であり、
何をどのようにすれば良いのか解らなかったそうです。
しかし、アクティビティーとして実施した
清掃活動やソフトボール大会、
フラッグフットボール大会などを通して、
子供たちの喜ぶ顔を見たり、
その感激に触れ合うことが多くの感動を与えてくれており、
また、クラブメンバーとともに汗を流して
人々のために取組んだ事は、
二人にとって非常に良い経験になったそうです。
そして、数々の役職を歴任してきたお二人は
今期は、献血委員として当クラブの献血事業を
サポートしてくれています。

125256.jpg
<左L福山千博・右L福山敦子
また、写真のフレームは荘皇企画の着物絵柄 
[雅楽・蘭陵王(らんりょうおう)柄]です>

京都生まれ京都育ちのL福山千博・L福山敦子の仕事は
お母様と代々続く呉服販売業
「西陣 壮皇 ふく山」を営んでおられます。

我々がよく聞く「西陣織」のブランドは
室町時代に確立されたものであり、
五世紀末ごろに織物生産を営んでいた
秦氏ゆかりの綾織物(あやおりもの)職人が
この伝統を伝えたといわれています。
また、「西陣」の名称は、
応仁の乱時に西軍の総大将である山名宗全が
この地に本陣を置いたことにちなむと言われています。

そんな歴史ある西陣で「西陣 壮皇 ふく山」では
呉服の卸売り、販売、企画と取り扱いの幅も広く、
かつては大阪万博(緑館)にも出展したこともあるそうです。

また、L福山姉妹は常に「一期一会」の気持ちを持ち、
お客様と接しています。
気さくに会話をする中で、
どのようなニーズを求められているのか
しっかり見極めながら提案をしています。
いつも顧客満足度の高い「おもてなし」を心がけており、
お客様に満足していただくためには一日かけて接客
することもしばしばあるそうです。
そんな「西陣 壮皇 ふく山」の商品やサービスの良さに
お付き合いの長い顧客も多いようです。
そして、今では全国各地、遠方から
お越しになる方も少なくなく
既存客からの紹介で来店される方も
多数おられるそうです。

今後の目標をたずねたところ、
「呉服の美しさやその伝統の素晴らしさを
多くの若い世代の人々に気楽に知って頂きたい。
そして、欧米化している世の中だからこそ呉服を通して、
我々のルーツを見つめなおす機会を提供できるように
がんばりたい。
また、いつかは京の服飾文化だけではなく、
伝統的な京都の古き良き文化を沢山の方に伝えたい」と
語ってくれました。

L福山千博・L福山敦子の趣味は、野球観戦であり、
特にオリックス・バッファローズのファンです。
休日には、大阪ドームや
グリーンスタジアム神戸(スカイマークスタジアム)
に応援に行くこともあり、
現在京都での主催試合が無いのが残念だそうです。

それほど野球が好きなL福山姉妹ですが、
今期から当クラブのメインアクティビティとなった
「2010ヤングリーグ京都大会旗争奪・
京都ニューセンチュリーライオンズクラブ杯争奪
第4回京都大会」に出場したヤングリーグの野球少年たちが、
近い将来オリックス・バッファローズに入団して
活躍する事をとても楽しみにしているそうです。



着物や帯など呉服についてのご相談は
「西陣 壮皇 ふく山」まで

京都市上京区中書町680
075-841-1500

PR・情報・IT委員会
小橋 康一 ・ 久貝 哲也
posted by 京都NCLC at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 会員
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38618543
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Copyright (c) 2006 Kyoto New Century Lions Club. All rights reserved.