2010年04月24日

帰ってきた期待の男【会員インタビューNo18 L清水】

▼会員名 L清水 毅
▼生年月日1973年4月3日
▼血液型  A型
▼職業 会社役員(株式会社誠工務店 専務取締役)

2008年秋、例会に一人の男が現れた。その名はL清水。
彼は、京都ニューセンチュリーライオンズクラブ
設立当初からのメンバーでしたが
当時は、仕事が多忙であったので
不在会員となっていましたが
このたび、正会員として戻ってきました。
戻ってきたときに感じたことは、
当初は会議室で行っていた例会が、
ホテルでの食事例会となり意見交換が活発になっていたのに
大変驚いたようです。
また、彼は当クラブで唯一の奈良在住の会員ですが
京都市内で開催している例会・理事会には
いつもかけつけクラブ活動に取組んでいます。

その真面目でひた向きな姿勢が、多くのメンバーの共感を呼び
今期は、第二副会長として事業3委員会を取り仕切っています。

SHIMIZU.jpg


仕事は、工務店として家の建築やリフォーム・
社寺建築・公共工事など幅広く
その現場を取り仕切っています。
彼の真面目さは、仕事でも生かされており
お客様に対しては
「木と手のぬくもりを大切に、誠実に誠心誠意、
お客様と一生のおつきあいをさせていただくことだ。
そのためには妥協するつもりはない」と語っていました。

そんな彼の座右の銘は、「石の上にも3年」です。
「何事をするにもじっくりと我慢して、
取組まなければ何も成せない。
建築は全ての状況が違うのでどの状況でも対応できるように
あきらめずに勉強と経験を積むことに努力している」
とのことでした。
まさに彼らしい座右の銘だと感じました。

SHIMIZU1.jpg
<株式会社誠工務店 外観>

また、L清水は、
会社のある京都府相楽郡精華町の商工会青年部にも所属し、
新しい地域作りのために行動力を活かし
地域商工業の振興発展にも活躍されています。

さらに、京都府内の商工会青年部を管轄する
京都府商工会青年部連合会で理事も兼務され
仕事・ライオンズクラブ・商工会と多忙な日々を過ごし、
最近では、趣味のスキーやキャンプには
まったく行けていないとの事でした。

ご家族は、奥様と二人のお子様がおられ、
休日は少ないけれど、少しの時間があれば
お子様といろいろと出かけたり
彼らの成長振りを見ていることが
とても楽しみだとのことです。

L清水は、
2年後には当クラブの10代目会長に就任する予定ですが
彼の人柄やその真面目さにより、
そのリーダーシップに我々もさらに
飛躍できると感じました。


建築やリフォームのご相談は
株式会社誠工務店まで

京都府相楽郡精華町山田中村57
TEL(0774)72-3209
http://www.makoto-corp.co.jp/
info@makoto-corp.co.jp



PR・情報・IT委員会
小橋 康一 ・ 久貝 哲也
posted by 京都NCLC at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 会員
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37346192
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Copyright (c) 2006 Kyoto New Century Lions Club. All rights reserved.