2010年03月19日

ジャパニーズモダンを極める【会員インタビューNo15 L山田】

▼会員名 L山田 昌樹
▼生年月日1971年10月15日
▼血液型 O型
▼職業 会社役員(株式会社 山田工務店 専務取締役)

京都市北区の上賀茂神社のすぐ横、賀茂街道沿いに
L山田の勤務する山田工務店があります。
山田工務店はL山田のお父様が昭和43年に創業し
た和風建築を得意とする建設会社です。
DSC00611.JPG
<山田工務店外観>

L山田の祖父も、現在山田工務店の工場のある静原で
大工を営んでおられたそうで、静原の親類にも建築関係
に従事する方も多いそうです。
静原は平安遷都以前から村落を形成していた歴史ある山里で、
北山杉の産地としても知られます。
ある建築家はコラムで「土壁、べんがら、漆喰が良く
似合う家々が佇むこの地の風景はとても心地よい。
この地の大工の美意識
の高さには圧倒される」と紹介しています。

建築一家に育ったL山田の学生時代は、
将来の会社継承に備えるべく、
経営の勉強をしていたそうですが、
大学卒業直前に辞めた従業員の
穴埋めとして、急遽家業を手伝うことになったそうです。
現在は主に建築工事の営業や設計、現場管理をしていますが、
和風建築のみならず、マンション、ビル、店舗の新築工事から
各種リフォームまでお客様満足度100%を目指して幅広く、
お客様のニーズにきめ細かく対応しているため、
ほとんど休みの無い忙しい毎日を送っています。
「お客様にとっては一生に一度の買い物ですので、
満足して生涯お付き合いいただけるようなものづくりをしたい。
そして、お客様と生涯お付き合いのできる企業でありたい」
とL山田は言います。
DSC00604.jpg
<現場の様子>

お客様は個人オーナー様がほとんどで、リピーターの方も多く、
京都出身の方が現在お住まいの他県から依頼を頂くことも
増えて来ていて、ここ数年は兵庫や奈良、大阪、
遠方では東京にも行くことがあるそうです。
複数の現場を掛け持ちしているので休日は少ないですが、
遠方の仕事先に出かけた際に、見たことの無い風景や
食べたことの無い食べ物に出会うのが楽しみだそうです。

京都ニューセンチュリーライオンズクラブに入会の
きっかけは、仕事で知り合ったL藤井からの
熱心な勧誘で入会をしました。
本人は「遅刻気味であまり協力できていません」といいますが、
二年間の献血委員長の後、今期は環境委員長を務めるなど、
クラブの活動を支えています。
趣味はスノーボード、ダーツ、ボウリングだそうですが、
あまり休みが無いため、たまの休日は疲れを癒すべく
録り貯めたビデオを見たり、映画を見たりして
リラックスして過ごしているそうです。
また、今月には待望の第一子が誕生の予定ですので、
奥様と子供服を買いに行って新しい家族を
迎える準備をしています。

DSC00610.JPG
<L山田>

日ごろから人との出会いを大切にしているというL山田ですが
家族との出会いも大切にして、家庭での視点を増やしながら
より良い住宅を作っていくことでしょう。
建築やリフォームのご相談は
株式会社 山田工務店までお問合せ下さい。


株式会社 山田工務店
京都市北区上賀茂朝露ケ原20番地
075-721-6311



PR・情報・IT委員会
小橋 康一
posted by 京都NCLC at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 会員
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36463440
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Copyright (c) 2006 Kyoto New Century Lions Club. All rights reserved.