2010年02月26日

変革を起こす三代目【会員インタビューNo13 L久貝】

▼会員名 L久貝 哲也
▼生年月日1980年10月10日
▼血液型 A型
▼職業 会社幹部(京生建材株式会社 経理部長)

2月例会にて当クラブで一番若いメンバーでもある
L久貝が入会しました。
スポンサーであるL杉山とL久貝が、
知り合ったのは大学時代の恩師が
二人を引き合わせたのがきっかけだったそうです。
実は、それぞれの父親も親交があり、
更に祖父同士も良く知る仲だったそうで、
不思議な縁が今回のクラブの入会に導いたのかも知れません。

L久貝は、
学生時代より国際経済、エンターテイメントビジネスに
興味があり、学生ベンチャーを立ち上げたこともあります。
また、恩師の勧めもあり大学卒業後はアメリカに渡り、
旅行代理店でツアーの企画やツアーガイドなどを
約3年間務めました。


帰国後、彼の祖父が創業した京生建材株式会社に入社し、
現在は、3代目として経理を主に会社全般業務を統括し多忙な日々を送っています。

京生建材株式会社は、生コンクリートの販売を
主な事業としており、京都の老舗生コン業者(京都生コン)の関連会社でもあります。
^(2).jpg
<京生建材株式会社 外観写真>

生コンクリートと言っても、
その種類は用途に応じて数百にものぼり、
配合や製造方法もJIS(日本工業規格)等により
厳格に定められています。

地震国であるわが国の高度な建築技術を支えてきたともいえる
生コン業界ですが、戦後の高度成長期からバブル期1990年ごろ
に需要のピークを向かえ今後は、業界全体でビジネスモデルの
再構築が不可欠になっているそうです。

L久貝は、新たな変革が求められている生コン業界の
将来を切り開くために希望と情熱を持ち日々活動しています。

^(3).jpg
<L久貝>

ご家族は、アメリカ時代に同僚だった奥様と現在3歳と1歳の
お子様がおられます。
また、自宅では、一年前から通信講座であるeラーニングを
利用したビジネススクールを受講し、MBA(経営学修士)取得を
目指しています。
自宅でも勉学と忙しい日々を送っていますが、
週末は少しでも時間を作りお子様と出かけるのが
日課だそうです。
来年の卒業後は、家族との時間をもっと増やしたい
と語っていました。

また、趣味も多く、
バイク、スノーボード、アルトサックスの演奏です。
読書では主に国際関係、経済や経営関係を好んで読まれています。
当然英語も堪能なマルチな才能の持ち主です。

彼と話をすると、エネルギッシュで行動力のある
人物だという印象を誰でも受けるはずです。
きっと、仕事や当クラブの活動をはじめ色々な場面で
多くの人の礎になられることでしょう。



京生建材株式会社
京都府向日市寺戸瓜生18番地7
075-933-2693



PR・情報・IT委員会
小橋 康一

posted by 京都NCLC at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 会員
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35655877
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Copyright (c) 2006 Kyoto New Century Lions Club. All rights reserved.