2009年10月03日

存在感抜群の「兄ィ(兄貴)」【会員インタビューNo.5 L米澤 泰一】

会員インタビュー第5回は6代目クラブ会長である、L米澤 泰一です。

▼会員名 米澤 泰一
▼生年月日 1968年6月26日
▼血液型 B型

6代目クラブ会長で現献血委員長のL米澤。会長経験者であることや幅広い知識と
ウィットに富んだ会話で、クラブでの存在感・信頼感は抜群である。
そのせいか現会長であるL内藤も親しみを込めて「兄ぃ」と呼び、
いろいろな相談やたまには愚痴も聞いてもらう大切な存在なのだという。

そんなL米澤は「米澤化学株式会社」で専務取締役として農薬の原体・
製剤製造販売をされている。
主要な取引先は全農をはじめ全国の農協及び農薬卸商100社!!。
また海外には韓国へ輸出もされているそうである。

彼の会社である米澤化学株式会社はいわゆる老舗である。創業は昭和15年。
本社工場は約9,100uの広さを誇る。また京都南工場兼営業所も擁している。
得意とする独自開発製品で安全且つ顧客の要望に応えることが出来る製品を
揃えている。

seihin.jpg

 そんな彼の座右の銘は「動機善なりや 私心なかりしか」である。
自分中心に物事を考えるのでなく、公平正大な目で善悪を判断する。
その為には広い知識と冷静な判断力が必要である。
L米澤には双方が備わっているように思う。うらやましい限りである。

 今後の事業展開としては次世代製品の開発やアジア向けの市場を開拓することで
売上高を倍増させることだそうだ。その過程においては社会と顧客の要望に
的確に貢献することで地域社会と従業員の物心両面を豊かにすることを
忘れずに事業を推し進めるとのこと。

yonezawa.jpg

クラブメンバーに対しては「メンバー皆様にはいつも頭が下がる思いです。
様々なメンバーの考え方、取組み方などを勉強させて頂いております。
感謝申し上げます。」とのメッセージをいただいた。


私はL米澤とお話しさせていただくといつも感心することがある。
それは私の思いもよらない視点からの意見をわかりやすく述べられるのだ。
失礼ながら「ああ、この人はよく勉強されているな」と思う。
L米澤は「勉強させて頂いております」と謙遜されているが、
勉強させて頂いているのはこちらなのだと改めて思う。

今後ともよろしくご指導をお願いしたいと思わせる「兄ぃ」、
L米澤の今後のクラブでの、そして社会での活躍を期待したい。


このブログをご覧のみなさんで農薬のことについて知りたい・聞きたい方は、
L米澤にご相談ください。
きっと自社製品のみならず他社製品のことまで親切に教えてくれることでしょう。
もしくは得意の自社研究・開発能力でオンリーワンの製品を開発してくれるかも
しれません。


事業所 : 米澤化学株式会社
所在地 : 京都市南区唐橋芦辺町15
Tel. 075-681-9526
Fax. 075-681-7377
http://www.yonezawa-chemical.co.jp/
yonezawa@kyotonclc.jp



PR・情報・IT委員長 清水 毅
posted by 京都NCLC at 12:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 会員
この記事へのコメント
前々会長、6代目会長のL米澤の記事のご投稿ありがとうございます。

当クラブでは、様々な場面で冷静にご判断、アドバイス頂き感謝しております!

現会長も信頼を寄せる兄い、
今期も宜しくお願い致します!
Posted by 幹事 田中元浩 at 2009年10月03日 12:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32634640
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Copyright (c) 2006 Kyoto New Century Lions Club. All rights reserved.