2009年04月12日

「4月7周年チャーターナイト記念例会」

2009年4月1日(水)
京都リーガロイヤルホテルに於いて
当クラブの「4月7周年チャーターナイト記念例会」
を開催しました。

本日は、3月に開催した「KYOTO NCLC FLAG 2009」の
大会サポートスタッフである
松田隆之氏、布留宮和人氏、中江玄己氏
をゲストに招いておこないました。
会長挨拶の後、
CIMG1690.JPG
<左 会長L藤井 右 中江氏>

会長L藤井俊二より3名の大会スタッフの
多大なる功績を称えて感謝状が贈られました。
この3名の方々は、我々と多数の会議を重ね、
また、大会当日は他のサポートスタッフを取りまとめて
試合運営を取り仕切り、今大会を成功に導いて頂きました。
彼らがいなければ我々のメインアクトの継続も
困難と言っても過言ではありません。

CIMG1699.JPG
<左より松田氏、布留宮氏、中江氏>

そして、大会スタッフを代表し松田氏より
謝辞と来期への意気込みが述べられました。

CIMG1706.JPG
<前会長L米澤>

前会長L米澤の乾杯の発声後、祝宴がスタートいたしました。
本日は、メンバーとゲストとの交流が盛んになるようにと
ブッフェスタイルで開催されました。
みんなで美味しい料理に舌鼓を打ちながら
各テーブルで談笑が繰り広げられました。

その後、青少年指導委員長L鳥丸より
「KYOTO NCLC FLAG 2009」のDVDが約20分上映されました。
これは、大会当日の準備から表彰式までの様子が
とてもわかりやすく編集されおり
とても素晴らしい内容でした。
素敵な音楽に合わせて出てくる数々の写真は
あの時の子ども達の勇姿が再び思い浮かぶかのようであり
また、数々の苦労や喜びがメンバー全員の脳裏によぎり
感動を誘いました。

そして、
本日のTTタイムは
木屋町の長渕剛こと中谷登氏を招いてライブが開催されました。
中谷氏は、23年間四条の木屋町で
夜、長渕氏等の歌を路上で歌い続け、
多くの方々の心を魅了してこられました。
ライブが始まると長渕剛にそっくりな歌声に
メンバー全員が大盛り上がり!
また、中谷氏は独自の装置を使い
歌いながら自身の歌声を録音し、
その歌声とハモリながら歌い会場を盛り上げます。
このような歌い方をするストリートミュージシャンは
日本中でも中谷氏だけらしいです。

CIMG1734.JPG
<中谷氏>

ギターを奏でながら「とんぼ」などの
数々の有名な曲が歌われました。
そして、中谷氏より
「継続することに意義があり、良いこともある」と
京都ニューセンチュリーライオンズクラブの活動の
更なる継続を願い、熱いエールを頂きました。
こうして、当クラブ始まって以来の例会でのライブは
閉会時間が大幅に過ぎるほどの大盛況にて
「4月7周年チャーターナイト記念例会」は幕を閉じました。
posted by 京都NCLC at 09:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 例会
この記事へのコメント
中谷さん!がんばれ!長渕ファンとして尊敬しています。覚えてるかな! 先週鹿児島に行ってきたよ!と中谷さんいお伝えください。
覚えてないよな!!
Posted by 日下 at 2009年09月30日 20:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28418472

この記事へのトラックバック
Copyright (c) 2006 Kyoto New Century Lions Club. All rights reserved.