2009年01月25日

クリスマス家族例会

TREE

12月19日(金)
アートグレイス ウェディングヒルズに於いて
クリスマス家族例会が開催された。

今回はクリスマス家族例会であり、総勢42人の参加があり
うち19人の子どもたちが参加してくれました。

また、全ての参加者にゆっくり食事をとり、
イベントも楽しんで頂きたいので例会時間を3時間とし、
また会長L藤井は、少しでも参加者の皆様が
お互いのコミュニケーションの時間を取れるよう配慮し
会長挨拶・乾杯の挨拶を端的にして例会がスタートしました。

CIMG0720.JPG
<会長 L藤井俊二>

素敵な会場で和みやすい雰囲気も手伝い、
各テーブルから楽しい談笑の声が上りました。
kaijyo

また、美味しいお料理やお酒を堪能していると・・・

「メリーーー クリスマスッ!」と突然大きな声が
会場内に響き渡りました。

Sanata nyuujyou

そして、クリスマスのBGMにのって
サンタさんが入場して来ました。

突然の事で驚く子どもたち!

しかし、これこそ今回のクリスマス家族例会の主役です。
また、トナカイのルドルフも真っ赤な鼻を自慢げに入場し会場を盛り上げました。

サンタさん

ここでお待ちかね!
サンタさんより子どもたちに素敵なプレゼントが配られます。

実は、子どもたちはどのようなプレゼントが欲しいのか
事前に親御さんのご協力のもとリクエストを聞き、
購入済みでありました。

そして、名前を呼ばれた子どもから順番にプレゼントが渡され
サンタさん・ルドルフと一緒に記念撮影をしました。
大好きなサンタさんより、
お願いしていたプレゼントを貰った
子どもたちの喜びの表情がとてもかわいいです。

プレゼントが全員に配られ、喜びの余韻に浸るのも束の間
もう一つのサプライズ

それは、
子どもたちを今夜限りのネバーランドに招待すること!

サンタさんを先頭に二階に用意されたネバーランド
子どもたちがやってきました。

SANTA

用意されたのは、

綿菓子コーナー
わたがし

魚釣りコーナー
さかな

お菓子詰込みコーナー
おかし

コイン落としコーナー
コイン落とし


最後に長谷川工作コーナーを実施しました。

子どもたちには、
胸にぶら下げたスタンプシートを頼りに
全てのコーナーに参加できるようになっています。

子どもたちは我先にと、興味のあるコーナーに殺到しました。

okasitori

お菓子詰込みコーナーでは、子どもたちはクリスマスの靴下に
好きなお菓子をいっぱい、いっぱいに詰め込んでいました。

watagashi

綿菓子コーナーでは、割り箸に、
糸状になった砂糖を巻きつけるのに悪戦苦闘。

sakanaturi

魚釣りコーナーでは、磁石のついた釣竿で
色とりどりの魚が釣り上げられました。

CIMG0806.JPG

コイン落としコーナーでは、
水を満杯にした水槽にコインを入れ、
下にある“おちょこ”にコイン入れるだけのゲームです。
もちろん、おちょこにコインが入れば
ステキな景品がもらえるので慎重になる子どもたち。

しかし、水中をゆらり・ゆらりと思うところに落ちない
コインに試行錯誤してコインを落としていました。


そして、今年で3回目となる長谷川工作コーナーは、
ツリーの形をした木型に装飾を施し、
その真ん中に開いた穴には、作った子どもの
ポラロイド写真を貼り付け、記念になる一品です。

みんなアイデアを出しかわいい物に仕上がっていました。

そして、全ての出し物に満喫し
1階に降りていく子どもたちを待っていたのは
な、な、なんとチョコレートフォンデュです。
Chokoreeto

これには大人も大興奮!
みんな、こぞってフルーツやクラッカーなどを
チョコレートフォンデュにいれ、
甘くて美味しいひと時を満喫していました。

時間が過ぎるとともに
子どもたちは、自然と仲良くなり
2008年のちょっと早いクリスマスを楽しんでいました。


サンタクロース L末次
ルドルフ L長田
事前に何度もリハーサルをし、また出番まで食事も取らず待機して、
たくさんの子どもたちに夢を与えられたお二人には
メンバー一同心より御礼申し上げます。
posted by 京都NCLC at 13:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 例会
この記事へのコメント
クリスマス例会誠にお疲れ様でした。
今回の企画は実に盛りだくさんで、
子供達が本当に楽しそうにあっという間の時を過ごしました。

子供達の輝く瞳は、一層例会を盛り上げ私達大人への最高の
クリスマスプレゼントとなりました。

毎晩、準備、企画にご協力いただきましたメンバーの皆様誠に有難うございました。
Posted by 藤井 俊二 at 2009年01月30日 18:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25897452

この記事へのトラックバック
Copyright (c) 2006 Kyoto New Century Lions Club. All rights reserved.