2008年09月09日

335-C地区2R1Zガバナー公式訪問例会

9月3日(水) リーガロイヤルホテル京都にて
335-C地区2R1Z 8クラブ合同ガバナー公式訪問例会が開催された。

まずは、10:30〜12:00より懇談会が行われた。
懇談会では、L橋本隆夫地区ガバナーや各地区役員の方々に対して
各クラブ会長が現状の報告と奉仕活動に対する意気込みや
事業計画などを報告し、
また、各クラブが抱える問題点や疑問点について相談する場でもある。

我がクラブから出向している2名の地区役員、
地区PR・情報・IT副委員長L杉山大門
地区レオ・青少年指導副委員長L内藤英司の両名も
各クラブからの報告や問題提起について、
真剣に聞き入れている様子であった。

また、担当する委員会について日々勉強を続けている両名は、
いかなる質問でも答える準備はできていたに違いない。

Koi[ .JPG


その後、場所を移動して
12:15〜14:00より合同例会が開催された。
ここからが担当クラブであるNCLCが中心となり進めていく。

まずは、
幹事L山崎が司会として200名の参加者を前に次第に沿って
ゆっくりと落ち着いた面持ちで進めていく。

Koi[R.JPG


そして、
会長L藤井がゴングを鳴らしガバナー公式訪問例会が開会された。
また、会長挨拶として再度登壇し、

「奉仕活動も信念を持ち継続して実行していかなければ
意味をなさない。
その想いを持ってL橋本隆夫地区ガバナー方針に則り
8クラブは結束し邁進していく」


と力強く挨拶を行った。

Koi[2.JPG


その信念のこもった挨拶に
当初ざわついていた会場が静まり返り
200名もの参加者が聞き入っていた。

また、ほとんどの参加者が我々の親のような年代なだけに
緊張をするのが当たり前であるが
胸をはり堂々と挨拶をおこなった会長L藤井の偉大さを
改めて感じさせられた瞬間であった。


その後、昼食を取り
ガバナー公式訪問例会も終盤にかかったころ
恒例のTTタイムが開催された。

司会は、当クラブきってのエンターテイナーである
L長田が司会を務め、場を沸かした。

Koi[TT.JPG


また、このTTタイムを取り仕切っているL後藤は、
仮装をして出題者として壇上に立った。

今回は、オリンピックに関する問題が出され
正解者のみ勝ち残るルールであるが
捻られた問題に参加者は悪戦苦闘!

それでも勝ち残った9名には、
L後藤の職場である御倉屋より和菓子が、
また、司会を務めたL長田より
受勲賞を受賞されているL長田のお父様が
絵付けをした陶器が贈られた。

我がクラブからは、
唯一オリンピックに詳しいL内藤が勝ち残ることとなった。

最後に、昨年度地区ガバナーを務めたL須藤眞志にも
感謝の意を込めサプライズで景品が贈呈された。

会場にはまだ熱気が残る中
会長L藤井が閉会ゴングを鳴らし
ガバナー公式訪問例会は盛況の内に幕が下ろされた。

無事に終わったのも
NCLCのメンバー一人ひとりが成功に向けての強い想いと
事前に何度も集り綿密な打合せがあってこその成功であろう。



posted by 京都NCLC at 17:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 例会
この記事へのコメント
皆様、先日のガバナー公式訪問例会大変お疲れ様でした。

改めて御礼申し上げます。

ほぼ完璧に終えられたのも、地区役員両名のアドバイスを頂戴しながら、
山崎幹事を中心に何度も準備を重ねた結果だと思います。

ほとんど例会のことは任せており、私は、
会長挨拶を会場全体がひとつになるぐらい完璧に
やり遂げることだけを考えていました。
そうすれば、一気に例会は盛り上がる。

杉山、内藤両名の地区役員の名を汚さぬよう
NCLCの株をあげることだけを考えました。

本当に陰で支えてくださった皆様に感謝申し上げます。

有難うございました。

Posted by 藤井 俊二 at 2008年09月09日 14:03
先日のガバナー公式訪問例会はクラブメンバーをはじめ各クラブのご協力により無事に開催することができました。
当日の進行はあっという間でしたが、それ以前の準備は各役職の方に大変な時間を割いていただき本当に感謝しております。
有難うございました。
Posted by 山崎 浩司 at 2008年09月09日 17:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18936739

この記事へのトラックバック
Copyright (c) 2006 Kyoto New Century Lions Club. All rights reserved.